閉じる

Strymon BlueSky

私は、今までほとんどエフェクターを使ったことがなくて、特に空間系のエフェクターに関しては本当に避けて通ってきました。

自宅で練習するにも、ライブをするにしても、ずっとリバーブも、ディレイもかけたことが有りませんでした。なんなら歪系もエフェクターではなくて全部アンプ任せにしていました。しかも、、、音作りがよくわからないからイコライザーは全部真ん中でいい!とかいう謎の行動ばかりをしていました

理由は小学生の時に初めて使ったエフェクターがクズみたいなマルチエフェクターで、何もかもが音が悪く、大嫌いになってしまったということと、空間系のエフェクターを使うとうまくなったように錯覚してしまって上達しないという変な噂を聞いてしまったことが理由でした。

でもある日、Mateus Asatoという天才を発見して、音楽をしっかりと聴かせるためには演出的なものも必要なんだということに気がつき、どうしようもなく欲しくなっていました。

彼が使っているのはSTRMONBIGSKY。

まあ、高くて手が出ません

しょうがないので廉価版というか、手に入れやすいBLUESKYを例の如くメルカリでポチりました。

一番欲しかった機能はSHIMMERで、あの幻想的な音で音楽を作りたいなあと思っていました。

私が最近やっている音楽とすれば、いろんな人のカバーを基本ギター一本でやる感じなのですが、最初はそこにシマーを掛ければあのマテウスみたいな幻想的な音楽が出来上がると信じ込んでいたのですが、残念ながらそうではないんですね。。。

なんか、ギター一本でやるとあまり全体的に雰囲気が出る感じではないというか。。

で、最近aikoのカブトムシをカバーしたのですが、ギター一本で弾いているとなんだか物足りない感じがして、しょうがなくバッキング を入れることにしました。

そこにまたなんとなく、シマーを強めにかけたバッキング を入れてみたら、、、とってもいい感じにかかるではないですか。。

シマーリバーブはそれ単体でカッコ良くなるものではなくて、複数の楽器の音に紛れ込ませた場合にいい感じに働きを見せてくれるんですね。

まあ、私の使い方が単純に間違っているという可能性も否定は出来ませんが。。

何故なら、正直使い方全くわかってません!

ツマミの意味が分かりません!

これから勉強していきます。

毎回宣伝で申し訳ないですが、シマーを掛けたバッキング を使ったカバー動画を貼らせていただきます。

よろしくお願いします。

コメントを残す

© 2023 ギターの時間 WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。